大会概要

日程 2016年7月16日(土)・17日(日)
開催地 関西大学堺キャンパス(大阪府堺市)
→関西大学人間健康学部/堺キャンパス詳細はこちら

7月16日(土)基調講演

講師 大野裕之氏
テーマ チャップリンとヒトラー~いかにして〈笑い〉は独裁政治に勝利したか~
概要 喜劇王チャップリンと独裁者ヒトラーは、わずか4日違いで生まれ、ほとんど同時期にトレードマークのちょび髭を生やし始めました。そんな「20世紀の光と影」ともいうべき二人の天才の対照的な人生を徹底比較しながら、両者の闘いを検討します。
映画というメディアを使って政権の座に上り詰めたヒトラーは、笑いの力を恐れてドイツからチャップリン映画を排除しようとしました。対して、チャップリンは名作『独裁者』でヒトラーに対して〈笑い〉を武器に真っ向から勝負を挑みます。二人の闘いの実相は、ますますイメージとメディアの戦争が激化する現代に生きる私たちに多くのヒントを教えてくれます。

7月17日(日)シンポジウム

テーマ 「おもろ大阪:笑うまちには福来たる」
シンポジスト 浦和男(関西大学、コーディネーター)
尾上圭介(東京大学名誉教授)、堀登志子(LLP笑いプロジェクト代表)
影山貴彦(同志社女子大学)、領家誠(大阪府商工労働部)