このサイトは日本笑い学会石巻支部のホームページです。

日本笑い学会とは

  • HOME »
  • 日本笑い学会とは

日本笑い学会とは

どんな学会なのかなと興味を持っていただきありがとうございます。

人は誰でも笑いますが、もし笑わなかったとしたら、この世の中はどうなるでしょうか。
また笑いのない人生なんて考えられるでしょうか。

私たちは、「笑い」を重要な研究対象として考え、1994年(平成6)7月9日(泣く日)に「日本笑い学会」を設立しました。

「笑い」は、人間の心身の問題として、またコミュニケーションや人間関係の問題として重要な意味を持っています。同時に演劇・文学や芸能の「笑いの文化」を生み出し、私たちの心を癒してくれています。笑いは、さまざまなジャンルの人が集まって、総合的に研究を進める必要があります。

笑いに強い関心をお持ちの方々であれば、入会ができるという「市民参加型」の学会です。会員は北海道から沖縄までほとんどの県に及んでおり、その職業も、大学教員、医師、作家、会社員、主婦、看護師、大学生、新聞記者、高校教諭、歯科医師、アナウンサー、僧侶など多岐に渡っています。

私たちは、学会の目的として、「笑いの総合的研究」と「笑いの文化の発展」に寄与することをかかげています。

学会の概要

団体名 日本笑い学会
The Japan Society for Laughter and Humor Studies
(略称:JSLHS)
設立年月日 1994(平成6)年7月9日
所在地 〒530-0047
大阪市北区西天満4-7-12 昭和ビル201号
TEL&FAX 06-6360-0503
会長 森下 伸也(関西大学教授)

学会の目的

「笑いとユーモア」に関する総合的研究を行ない、笑いに対する認識を深め、笑いの文化的発展に寄与することを目的とする。

「笑いとユーモア」に関する研究は、これまでは、哲学、心理学、文芸学、人類学、医学などの分野で専門的に行なわれてきたが、本学会は、各専門分野を超えて交流を深め、笑いの総合的研究を目指す。

学会の構成員

笑いは人間生活のあらゆる場面に関わっており、笑いを総合的に研究する必要から、構成員は職業を問わず、笑いに強い関心を抱いている人であれば、誰でも学会に参加できることとしている。本学会は、大学教員、医師、歯科医、看護師、高校教員、小学校教員、公務員、アナウンサー、テレビプロデューサー、新聞記者、評論家、作家、お笑いタレント、僧侶、弁護士、カウンセラー、会社役員、会社員、主婦、学生など様々な職種の会員によって構成されている。私たちの学会は、「市民参加型学会」と称している。現在の会員は、1,000名を超えている。

学会の組織と運営

総会で選ばれた理事・監事・顧問46名で「理事会」を構成し、毎月1回理事会が開催されて、学会の運営にあたっている。

学会の組織は、北は北海道から南は九州まで及んでおり、地域によっては支部を構成して、支部独自の活動を行なっている。2013年7月現在、全国に15支部が活動している。

お気軽にお問い合わせください TEL 0225-95-2424 宮城県石巻市山下町1-19-6 飛翔閣内

PAGETOP

© warai-ishinomaki 2016